メン・イン・ブラック:インターナショナル

監督  F・ゲイリー・グレイ 出演  クリス・ヘムズワース テッサ・トンプソン リーアム・ニーソン 鑑賞日 7月6日 劇場  ユナイテッド・シネマ浦和 評価  ★★★ <パンフレット> 前作から主演キャストは若返ったのだけれど、基本的なストーリーはパターン化されてしまっていて、正直なところ、期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラジン<字幕>

監督  ガイ・リッチー 出演  メナ・マスード ナオミ・スコット ウィル・スミス 鑑賞日 6月30日 劇場  シネマサンシャイン池袋 評価  ★★★☆ <パンフレット> 財宝で埋め尽くされた洞窟で汚いランプを擦ったら青い魔人が煙とともに登場し、3つの願い事を叶えてくれる・・・・子供のころ、僕が絵本で読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモリーズ・オブ・サマー

監督  アダム・グジンスキ 出演  マックス・ヤスチシェンブスキ ウルシュラ・グラボフスカ 鑑賞日 6月2日 劇場  YEBISU GARDEN CINEMA 評価  ★★★★ <パンフレットより> 2016年に作られたポーランド映画。 国は違っていても“東欧”というくくりで見てしまうと、基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルリナの明日

監督  モーリー・スルヤ 出演  マーシャ・ティモシー デア・パネンドラ 鑑賞日 5月26日 劇場  ユーロスペース 評価  ★★★ <パンフレットより> 少なくとも、僕のような“ごく普通の”日本人の常識では、今までまったく発想に無かった奇想天外なストーリーの作品だった。 そもそもインドネシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリ、嘘つきな恋

監督  フランク・デュポスク 出演  フランク・デュポスク アレクサンドラ・ラミー 鑑賞日 5月25日 劇場  東劇 評価  ★★★★☆ <チラシ> 久し振りにフランスのラブコメを堪能した。 監督と主演を務めたのがフランク・デュポスク。 僕は今回初めましての俳優かなと思っていたら、今は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KINGDOM

監督  佐藤信介 出演  山﨑賢人 吉沢亮 鑑賞日 5月6日 劇場  TOHOシネマズ日比谷 評価  ★★★★☆ <パンフレット> 期待していた以上に面白かった。 事前にSNSとかで「大沢たかおの王騎将軍が完璧だ!」みたいなコメントが飛び交っていて、逆に僕自身は、むしろどうしても彼の王騎将軍へのキャスティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベンジャーズ/エンドゲーム

監督  アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ 出演  ロバート・ダウニー・Jr. ジョシュ・ブローリン 鑑賞日 5月3日 劇場  TOHOシネマズ西新井 評価  ★★★☆ <チラシ> マーヴェルのヒーローたちが総登場する企画というのは、コミックの時代から“クロスオーバー作品”として存在していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京物語(1953年作品)

監督  小津安二郎 出演  原節子 笠智衆 鑑賞日 5月2日 劇場  シネマブルースタジオ 評価  ★★★★ <閲覧画像> 『晩春』『麦秋』とくれば、やはりこの『東京物語』を観ないわけにはいかない。 「紀子三部作」の3作目であり、しかし、あらためて言うまでもないが、原節子が演じた“紀子”は、すべて別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHAZAM!

監督  デビッド・F・サンドバーグ 出演  ザッカリー・リーヴァイ マーク・ストロング 鑑賞日 4月27日 劇場  新宿ピカデリー 評価  ★★★☆ <パンフレット> 小津監督の作品鑑賞が続いたので、10連休のスタートにあたって、くだらないやつが観たくなった。 だから最初から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麦秋(1951年作品)

監督  小津安二郎 出演  原節子 笠智衆 鑑賞日 4月20日 劇場  シネマブルースタジオ 評価  ★★★★ <閲覧画像> 『紀子三部作』の二作目。 作品としてはとても地味な印象なのだが、前作の『晩春』以降、小津作品の脚本をすべて小津と共同で手掛けることとなる脚本家の野田高梧をして、「『東京物語』は誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩春(1949年作品)

監督  小津安二郎 出演  原節子 笠智衆 鑑賞日 4月13日 劇場  シネマブルースタジオ 評価  ★★★★ <閲覧画像> 小津安二郎監督という人が、日本映画史を語るうえでいかに“興味深い人”であったのか、この『晩春』という70年前の作品は、とても雄弁に語ってくれている。 1949年といえば、昭和24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DUMBO

監督  ティム・バートン 出演  コリン・ファレル マイケル・キートン 鑑賞日 3月30日 劇場  新宿ピカデリー 評価  ★★★☆ <パンフレット> 象の子どもがそんなに人間の言葉や気持ちが分かるはずないじゃないか、と思いながら観ていたけれど、ふと、そもそもそれ以前に象が耳で空を飛んでいるのだからとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンブック

監督  ピーター・ファレリー 出演  ヴィゴ・モーテンセン マハーシャラ・アリ 鑑賞日 3月24日 劇場  TOHOシネマズ日比谷 評価  ★★★★★ <パンフレット> スパイク・リーが第91回アカデミー賞の授賞式で、作品賞受賞作品の発表を聞くやいなや、怒って帰ってしまったというエピソードがあったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運び屋

監督  クリント・イーストウッド 出演  クリント・イーストウッド ブラッドリー・クーパー 鑑賞日 3月23日 劇場  イオンシネマ浦和美園 評価  ★★★★☆ <パンフレット> 僕が街の名画座で外国映画をいろいろ観始めたのは中学生の時だから今からもう40年以上も前のことになる。 その頃、ハリウッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女王陛下のお気に入り

監督  ヨルゴス・ランティモス 出演  レイチェル・ワイズ エマ・ストーン オリヴィア・コールマン 鑑賞日 3月16日 劇場  109シネマズ二子玉川 評価  ★★★★☆ <パンフレット> アン女王は、最後のイングランドとスコットランドの君主であり、最初のグレートブリテン王国(イギリス)とアイルランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール・ストリートの恋人たち

監督  バリー・ジェンキンス 出演  キキ・レイン ステファン・ジェームズ 鑑賞日 3月3日 劇場  TOHOシネマズ新宿 評価  ★★★★☆ <パンフレット> 故ジェイムズ・ボールドウィンの小説『IF BEALE STREET COULD TALK』を一昨年のアカデミー賞(第89回)作品賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリータ バトル・エンジェル

監督  ロバート・ロドリゲス 出演  クリストフ・ヴァルツ ジェニファー・コネリー 鑑賞日 2月24日 劇場  TOHOシネマズ日比谷 評価  ★★★★ <パンフレット> 原作は木城ゆきとによる日本のSF漫画『銃夢(ガンム)』。 そもそも、木城ゆきとなる漫画家がいることを知ったのも初めてなら、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファースト・マン

監督  デイミアン・チャゼル 出演  ライアン・ゴズリング クレア・フォイ 鑑賞日 2月11日 劇場  TOHOシネマズ日比谷 評価  ★★★★ <パンフレット> 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督作品。 主演俳優もライアン・ゴズリング。 今回の作品は人類史上に残る宇宙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアマン

監督  ジェームズ・ワン 出演  ジェイソン・モモア アンバー・ハード 鑑賞日 2月9日 劇場  新宿バルト9 評価  ★★★☆ <パンフレット> おそらく、10年前だったら映像化は不可能だったと思う。 水中の髪の毛の揺らぎとか、手足を動かしたときの水の波動や泡など、実際にそうなるのか、見たわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリー・ポピンズ リターンズ

監督  ロブ・マーシャル 出演  エミリー・ブラント リン=マニュエル・ミランダ 鑑賞日 2月3日 劇場  TOHOシネマズ西新井 評価  ★★★ <パンフレットより> ファンタジー映画というと、最近ではハリー・ポッターのシリーズとか、あとはディズニーやピクサーのアニメ映画なんかをすぐに思い浮かべるけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more